WebSeo
サヴォーナ県における学校 の「雰囲気ASDダンスと歌」 での 私の名前Genniロレートと私の仕事。...
WebSeo
2020-05-28 11:54:58
WebSeo logo

ブログ

VocalKidsとVocalCare

音楽は想像力に心を開き、彼らが

の夢を達成するのに役

サヴォーナ県における学校 の「雰囲気ASDダンスと歌」 での

私の名前Genniロレートと私の仕事。
は数年前、母親だけでなく、音声教師です、年齢持っていた「私はピアノで私を助けて私の毎日のボーカルのウォームアップをしていた間、私はすべてのことを、その娘に気づきました」 5年、彼は不思議そうに私を見て。私は終わったよう
列車は、機器に近づき、ノートを鳴らすと、自分のやり方でボーカルをやって演習を繰り返してみました。それは私に興味をそそられて、その時以来、私は学生だったので
何が、私が文書に、他の教師を支援する子どもたちとレッスンに従うことを、被験者に本を読み始めました。でも私は、多くの親のように、と言ったので
「しかし、この年齢では小さすぎて...破滅声帯ということではないのですか?」
そして、いや、それはそうではなく、なぜ説明します。
お子様には適し、​​特に勉強し、効果的な優れた音声指導法では、実際に声を台無しにしないでください、彼らは小さいので、それを正しく使用することを学びます。
そして、彼らは家庭教師ボーカルケア、 のダニラ方法Satragno多くの有名なビッグの のボーカルコーチになりました。
方法も、非常に若い年齢で学び、声帯の維持と適切に機能するために、音声の福利のために、長年にわたって自分で完成。ボーカルケア方法で
私は、声を十分に活用するだけでなく、若い学生を教えることができるように彼の人生を通して彼に役立つ貴重なツールを理解し、私は彼らに、適切な呼吸を教えることができ、良い姿勢、そして特に理解して彼らはどのようにVOICE、歌わや話を使用します。
私は今7歳であると、ほぼ二年間、私と一緒に若いアーティスト(6-14歳)のグループを歌う娘、で作成した、と私は彼らと豊かなパスを開始しましたので、好奇心、色、音と感情の。
私の経験と想像力と学ぶための意欲と、私は彼らのスペース、彼は一緒に異なるサウンドを理解すること、聞いて、他の人に聞くために、音声トーンを議論するを与えました男性と女性の間で、私が試したと私は彼らが小さくても、声帯、食品へのボディ、注意を払うと生活水準の世話をすることが非常に重要であることを彼に教えしようとしています上記のすべて異なります。 Vocalkids方法は、私たちの子供のための保証です。
学生は幸せな講義から来て、私はその進捗状況とそれらがどのように前回よりも音の達成を改善していると感じるように戻ってくるのを待つことはできません。
SINGERSは、SPEAKER RADIO弁護士が...または右教示にどんな仕事をするかもしれない大きなことで、誰が知っている、常に美しい声を持っていると傷であることを確認してください決してないであろう。あなたは彼が歌うのが好きや音楽に興味をそそられていることを見れば、私たちのコースであなたの子供を登録

Doが彼の声帯に傷を取得することを恐れてはいけません。
Vocalcare子供の方法は、その少し声の世話をします。
TUTORのことば
________________________________________
Genniロレート
[email protected]
VocalCareキッズ
2020
<

関連記事